外壁塗装の色を決めるポイント~家の印象が変わる~

作業員

ポイントを押さえて色選び!

刷毛を持つ人
外壁以外の色を確認する 外壁塗装には様々な色の塗料が用意されているため、好きな色に建物をコーディネートすることができます。しかし、色を選ぶときに外壁の色を単体で考えてはいけません。単体で見るときれいな色であっても、外壁以外の色と相性が悪いと美観性を損ねてしまいます。他の部分の色、特にドアやサッシのように色が変えられない部分との相性を考えて選ぶようにしましょう。
面積によって色の見え方は変わる 外壁塗装の色を選ぶときにはカタログを参考にすることが多いです。しかし、カタログの小さな面積で見るのと実際に広い面積に塗装されたのを見るのでは色の見え方が異なるので注意しましょう。広い面積になると思ったよりも薄く明るい色に見えるので、希望よりもやや濃い色の塗料を選ぶことでイメージに近づきやすいです。
施工事例を参考にする 紹介したように、外壁の色というのは組み合わせや実際施工したものによって印象が変わります。色選びが分からないという場合には、施工事例を参考にしましょう。写真や周囲の建物から好みに近いものを探してください。

京都の街並みに馴染む色を選びましょう

外壁塗装を使って建物を自分の好きな色に染め上げることができます。しかし、京都で外壁塗装を行う場合は注意が必要です。美観地区に指定される地域も多く、使用できる色が限定される場合があります。

広告募集中