天候に左右される外壁塗装~適した季節がある~

作業員

季節ごとの違いとは?

エクステリア

春(3月~5月)

外壁塗装をするのに適した時期の1つです。春は気温と湿度が共に安定しているため、作業がしやすく塗料も乾きやすいという特徴があります。また、空気が乾燥していることで仕上がりもうまくいくことが多いです。塗装業者は繁忙期になるため早めに予約しましょう。

夏(6月~9月)

夏の中でも、梅雨時期とその後では外壁塗装のしやすさが異なります。施工する際には水分が大敵になるため、この時期は特に業者選びが重要になります。雨が降っていない日には施工が可能ですが、京都の夏はとても気温が高いため作業が大変です。また、そんな夏は依頼数が少ないため、費用が安くなることもあります。

秋(10月~11月)

秋も春と同様の理由で、外壁塗装しやすい季節です。この時期に注意するポイントは、業者が繁忙期に入るため予約が取りにくいということです。早めに業者を見つけて予約できるようにしておきましょう。その他、台風によって施行が延期されることもあるので要注意です。

冬(12月~2月)

冬は空気が乾燥しているため外壁塗装が乾燥しやすいのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、塗料の乾きやすさというのは気温の影響も大きく受けます。気温が5度を下回ると塗装することができません。

季節に左右される外壁塗装

紹介してきたように、外壁塗装は季節によって施工のしやすさが異なります。また、同じ季節であっても地域によって気候の特徴は異なるので、京都の気候に精通した地元の業者に依頼すると安心です。

広告募集中