外壁塗装のタイミングをしっかり判断

作業員

外壁塗装する時期の目安って?

外壁塗装の塗り替えを行うタイミングを知っていますか?塗料の種類によって年数が異なりますが、京都でも一般的に前回外壁塗装をしたときから10年を過ぎた頃に行われています。しかし、建物が建っている場所や天候など様々な理由から劣化スピードは左右されるので、塗り替えのタイミングを判断できる建物のサインを把握しましょう。

外壁塗装すべきサイン!

塗装

外壁の汚れや色あせ

新築の頃は外壁塗装を施したばかりできれいな見た目をしていますが、時間が経ち劣化が進む内に汚れや色あせが目立つようになります。

チョーキング

チョーキングというのは、塗装された部分を触ると白い粉が付く状況のことです。外壁塗装が紫外線などによって分解され、表面が粉状になっています。

ひび割れ

経年劣化によって外壁にひび割れが生じることがあります。小さなものでも劣化しているサインです。建物の内部まで雨が侵入しない内に外壁塗装を行いましょう。

外壁塗装のはがれ

劣化が進むと、外壁と塗装を密着させる力が弱まり、はがれてしまうことがあります。はがれてしまった外壁塗装では建物を守ることができないので、早めに外壁塗装を塗り替えてください。

カビや苔

劣化した外壁塗装はその機能を充分に発揮できなくなります。カビや苔が見られるなら、劣化で防水性が低くなった証拠です。

広告募集中